夜行列車資料館
 
寝台特急「北斗星」
昭和63年の青函トンネル開通に伴い、東京と北海道を直通する列車として
上野−札幌間の豪華寝台特急列車として誕生。(24系25形)
当初は定期2往復+季節1往復の運転で、その後定期3往復となりましたが
平成11年に1往復が臨時列車化、平成20年には1往復のみとなりました。









1レ 上野 19:03 → 11:15 札幌
2レ 札幌 17:12 →  9:38 上野

使用車両 1〜6号車      JR北海道 札幌運転所(札サウ) 24系25形
     7〜11号車・電源車 JR東日本 尾久車両センター(東オク) 24系25形
車両構成 SA1・A2・B1・B2・B・食堂車・ロビー室
速度種別 上野−特通客C3−黒磯−特通客D9−青森信号所−特通客D6−函館
     函館−特通客C3−札幌
牽引機
 上野−EF510-500(田)−青森信号所−ED79(青函)−函館−DD51(函)重連−札幌
 (田) → JR東日本・田端運転所
 (青函)→JR北海道・函館運輸所青函派出所
 (函) → JR北海道・函館運輸所

編成

1号車
2号車
3号車
4号車
5号車
6号車
7号車
8号車

9号車

10号車
11号車
電源車
オハネフ25 オハネ25
-560
オハネ25
-560
オハネ25
-560
オハネ25
-550
スハネ25
-500
スシ24
-500
オロネ25
-500
オロハネ25
-500
オロハネ24
-550
オハネフ25 カニ24
-500
B2 B2 B2 B1 B1 食堂車 A2 SA1・B1 SA1・B2 電源車
JR北海道車両 JR東日本車両
←函館 上野・札幌→

     ※6号車にシャワー室・ミニロビー併設
     ※1号車はB寝台コンパートメント
     ※1号車は禁煙車両

個室寝台車(JR北海道車両)
スハネ25
−500
1両 ソロ
(B1)
8室 W1220〜1260mm×D1945mm
H下段2500mm 上段1400〜2000mm
側通路・内階段・ベット幅680〜700mm・シリンダ式ロック
奇数−1階・偶数−2階・BGM
ミニロビー・シャワー室
オハネ25
−550
1両 ソロ
(B1)
17室 W1220〜1260mm×D1945mm
H下段2500mm 上段1400〜2000mm
側通路・内階段・ベット幅680〜700mm・テンキー式ロック
偶数−1階・奇数−2階・BGM
オハネ25
−560
3両 デュエット
(B2)
13室 W1900mm×D1945mm×H上段1400mm 下段2500mm
側通路・テンキー式ロック・ベット幅680〜700mm・BGM
奇数−1階・偶数−2階


個室寝台車(JR東日本車両)

オロハネ24
−550

1両 ロイヤル
(SA1)
2室 W2470〜2930mm×D1900〜1945mm×H2300mm
側通路・車体中央・ベット幅800mm
2名利用可(エキストラベット使用・幅1400mm)
カード式ロック・シャワー・洗面台・トイレ・AVモニター
デュエット
(B2)
7室 W1900mm×D1945mm×H上段1400mm 下段2500mm
側通路・カード式ロック・ベット幅680〜700mm・BGM
奇数−1階・偶数−2階

オロハネ25
−500

1両 ロイヤル
(SA1)
2室 W2470〜2930mm×D1900〜1945mm×H2300mm
側通路・車端部・ベット幅800mm
2名利用可(エキストラベット使用・幅1400mm)
カード式ロック・シャワー・洗面台・トイレ・AVモニター
ソロ
(B1)
12室 W1200mm×1945Dmm×H上段1440mm 下段1550mm
側通路・外階段・カード式ロック・BGM
奇数−1階・偶数−2階
オロネ25
−500
1両 ツインDX
(A2)
8室 W1920mm×D1945mm×H2300mm
側通路・カード式ロック・AVモニター
上下2段ベット

歴史

昭和63年 3月13日 青函トンネル開通に伴い上野〜札幌の直通豪華寝台特急列車として運転開始
3往復(うち1往復は季節列車・モノクラス編成)・(1・2号のみ青森駅停車)
昭和63年 7月22日 季節列車(3・4号)にも個室寝台車・食堂車を連結
平成 元年 3月11日 季節列車(3・4号)を定期化
全列車を青森駅経由に変更
平成 3年 3月16日 上野駅の騒音問題により編成の方向転換(電源車が上野側からから青森側に)
平成 6年12月 3日 1往復(3・4号)が再び季節列車化
平成 9年 3月22日 1往復(1・2号)がすべて個室寝台に
平成11年 7月16日 季節列車(3・4号)が臨時列車化(81・82号へ)
平成18年 3月18日 青森駅スルー運転化・編成の方向転換(電源車が函館側からから上野側に)
平成20年 3月15日 1往復削減にて1往復化
平成22年 7月14日 14日発下り列車から牽引機がEF81からEF510−500番台に変更

運転時刻

下り列車
平成5年3月 平成15年10月
1号 3号 5号 1号 3号
列車番号 1 3 5 1 3
車両形式 24系 24系 24系 24系 24系
行先 札幌 札幌 札幌 札幌 札幌
上野 1650 1717 1903 1650 1903
大宮
1715
1716
1742
1743
1928
1929
1715
1716
1928
1929
宇都宮
1811
1812
1841
1843
2027
2029
1811
1812
2027
2029
郡山
1933
1935
2004
2006
2154
2156
1933
1934
2154
2155
福島
2009
2010
2041
2042
2230
2231
2008
2010
2229
2231
仙台
2111
2113
2142
2144
2332
2334
2111
2113
2330
2332
一ノ関
2220
2220
2250
2250
2220
2220
水沢
2239
2240
花巻
2304
2304
盛岡
2330
2332
2330
2332
八戸
052
053
函館
424
432
452
458
634
640
424
447
634
641

517
517
544
544
535
536
八雲 543 610 603
長万部
607
609
635
637
811
813
629
629
814
814
洞爺 639 709 843 704 855
伊達紋別 652 723 720 913
東室蘭
710
711
741
742
912
913
738
740
932
934
登別 725 756 927 755 948
苫小牧
755
755
827
827
957
957
824
824
1019
1019
南千歳
815
816
846
847
1016
1017
844
844
1041
1041
札幌 853 920 1050 920 1115
上り列車
平成5年3月 平成15年10月
2号 4号 6号 2号 4号
列車番号 2 4
車両形式 24系 24系 24系 24系 24系
行先 上野 上野 上野 上野 上野
札幌 1713 1814 1924 1712 1927
南千歳
1747
1748
1847
1847
1957
1957
1745
1746
2000
2001
苫小牧
1808
1809
1907
1908
2017
2018
1805
1806
2020
2021
登別 1841 1937 2047 1839 2050
東室蘭
1855
1857
1951
1952
2101
2102
1854
1856
2104
2106
伊達紋別 1918 2010 1917 2125
洞爺 1930 2022 2131 1929 2137
長万部
2002
2004
2053
2055
2202
2204
2001
2001
2208
2208
八雲 2028 2119 2025

2053
2053
2144
2145
2052
2052
函館
2140
2146
2231
2237
2337
2343
2139
2148
2342
2348
青森
004
012
057
107
004
011
八戸
120
120
盛岡
432
434
433
435
花巻
500
500
一ノ関
540
541
540
540
仙台
447
449
546
548
647
649
454
456
647
649
福島
549
551
647
650
749
751
600
602
749
751
郡山
631
633
728
730
827
829
638
639
827
829
宇都宮
756
758
854
856
952
954
810
811
952
954
大宮
852
853
950
951
1049
1050
913
913
1049
1050
上野 917 1012 1112 940 1112


EF81牽引時代


夜行列車資料館へ  
夜行列車や旧型客車列車の音や資料を掲載
客車専門サイト「客車列車の旅」はこちらから
現在や過去の夜行列車に関する資料を掲載
全盛期の時刻表データ等も掲載しています