夜行列車資料館
 
あけぼのテールマーク 寝台特急「あけぼの」
(臨時列車)

昭和45年に奥羽本線経由で上野−青森を結ぶ寝台特急列車として誕生。
昭和48年には上野−秋田間に1往復増発。
平成2年には山形新幹線の改軌工事に伴い1往復が陸羽東線経由に変更。
残る1往復は上越・羽越本線経由に変更のうえ「鳥海」と改称されましたが、
平成9年の秋田新幹線開業で陸羽東線経由の「あけぼの」が運転終了となり、
「鳥海」となっていた上越・羽越本線経由の列車が再び「あけぼの」となりました。
平成26年3月ダイヤ改正より多客期のみ運転の臨時列車となりました。


ブルートレインあけぼの 寝台特急「あけぼの」
平成21年3月3日 上野駅

定期運行晩年の運行データ

2021レ 上野 21:15 → 9:56 青森
2022レ 青森 18:08 → 6:58 上野

使用車両 JR東日本 青森車両センター(盛アオ) 24系・24系25形
車両構成 A1・B1・B・ゴ
速度種別 上野−特通客C3−村上−特通客D6−酒田−特通客D1−青森
牽引機  上野−EF64-1000(長岡)−長岡−EF81(青)−青森
     (長岡)→JR東日本・長岡車両センター
     (青)→JR東日本・青森車両センター

編成
1号車
2号車
3号車
4号車
5号車
6号車
7号車
8号車

9号車

10号車
11号車

12号車

電源車
オハネフ24 オハネ25 オハネ24 オハネフ25 オハネ24
-550
オハネ24
-550
スロネ24
-550
オハネフ24 オハネ25 オハネ25 オハネ25 オハネフ25 カニ24
-500
ゴロンと B1 B1 A1 ゴロンと
←上野 青森→

 ※1号車は女性専用車輛(レディースゴロンとシート)
 ※8号車はゴロンとシート
 ※9〜12号車は連結しない日があります
 ※1〜4・8〜12号車は禁煙車両

個室寝台車
スロネ24
−550
1両 シングルDX
(A1)
11室 W1460mm×D1945mm×H2300mm
側通路・カード式ロック・ベット幅765mm・2名可
収納式洗面台・AVモニター・2部屋貫通可
オハネ24
−550
2両 ソロ
(B1)
28室 W1945×D1000×H上段1410〜1580 下段1445
中央通路・外階段・ベット幅 700〜1000mm
奇数−1階・偶数−2階・テンキー式ロック・BGM

歴史
昭和45年 7月 1日 上野〜秋田の臨時特急として運転
昭和45年10月 1日 上野〜青森の定期寝台特急化(20系)
昭和48年10月 1日 上野〜秋田の1往復増発(計2往復)
昭和55年10月 1日 2往復とも24系化
昭和57年11月15日 急行「津軽」の格上げにより上野〜青森に1往復増発(24系25形)
昭和62年 3月21日 3往復とも24系24形に統一
昭和63年 3月13日 2往復化(1往復は北斗星へ)
平成 2年 9月 1日 山形新幹線工事により1往復化(陸羽東線・奥羽本線経由)
1往復は上越・羽越線経由の「鳥海」に改称
平成 3年 3月16日 1人用個室A寝台「シングルデラックス」
1人用個室B寝台「ソロ」連結
平成 9年 3月22日 陸羽東線・奥羽本線経由の「あけぼの」廃止
上越・羽越線経由の「鳥海」を「あけぼの」に改称
平成21年 3月14日 上野−長岡間の牽引機がEF81からEF64−1000に変更
平成26年 3月15日 定期運行終了:多客期のみ運転の臨時列車化

車両変遷

昭和45年10月 1日 上野−青森(20系)
昭和48年10月 1日 上野−青森(20系)
上野−秋田(20系)
昭和55年10月 1日 上野−青森(24系)
上野−秋田(24系)
昭和57年11月15日 上野−青森(24系25形)
上野−青森(24系)
上野−秋田(24系)
昭和62年 3月21日 上野−青森(24系)
上野−青森(24系)
上野−秋田(24系)
昭和63年 3月13日 上野−青森(24系25形)
上野−青森(24系)
平成 2年 9月 1日 上野−青森(24系25形)


           
夜行列車や旧型客車列車の音や資料を掲載
客車専門サイト「客車列車の旅」はこちらから
            現在や過去の夜行列車に関する資料を掲載
全盛期の時刻表データ等も掲載しています

ブルートレイン