夜行列車資料館
 
寝台特急「富士」
 
昭和39年10月1日に「みずほ」の大分編成が独立して誕生しました。
昭和40年10月1日から昭和55年9月30日までは東京−西鹿児島間(日豊本線経由)で運行され、
日本で一番長距離を走る列車であり、運転時間が24時間を越える唯一の特急列車でもありました。
晩年の平成17年3月1日からは「はやぶさ」と併結となり、東京駅発着最後の客車寝台特急列車として
孤軍奮闘してきましたが、平成21年3月14日に惜しまれながら運転終了となりました。


撮影・画像提供  オハネフ12-2018”山陰”様

運行晩年の運行データ

1レ 東京 18:03 → 11:17 大分(東京→門司「はやぶさ」を併結)
2レ 大分 16:43 → 9:58 東京(門司→東京「はやぶさ」を併結)

使用車両 JR九州 熊本鉄道事業部熊本車両センター(熊クマ) 14系・14系15形
車両構成 A1・B1・B
速度種別 東京−特通客B4−下関−特通客C1−門司−特通客E9−大分
牽引機  東京→EF66(関)→下関→EF81(大)→門司→ED76(大)→大分
     (関)→JR西日本・下関地域鉄道部下関車両管理室
     (大)→JR九州・大分鉄道事業部大分車両センター

編成 下り列車

1号車
2号車
3号車
4号車
5号車
6号車
7号車
8号車

9号車

10号車
11号車
12号車
スハネフ15 オロネ15
-3000
オハネ15
-2000
オハネ15

オハネ15

スハネフ15
スハネフ15 オロネ15
-3000
オハネ15
-2000
オハネ15 オハネ15 スハネフ15
A1
シングルDX
B1
ソロ
A1
シングルDX
B1
ソロ
「はやぶさ」(東京−門司間併結) ←大分 東京→

  ※下り列車は7〜12号車 ・ 上り列車は1〜6号車
  ※スハネフ15はスハネフ14となる場合がありました


個室寝台車

オロネ15
−3000
1両 シングルDX
(A1)
14室 W1200mm×D1945mm×H2300mm
側通路・テンキー式ロック
寝台幅700mm・洗面台(固定式)
オハネ15
−2000
1両 ソロ
(B1)
20室 W1220〜1260mm×D1945mm
H下段2500mm 上段1400〜2000mm
側通路・内階段・寝台幅680〜700mm・シリンダ式ロック
奇数−1階・偶数−2階・BGM


歴史 編成史 時刻変遷(下り列車) 時刻変遷(上り列車)

東京−西鹿児島間時代の走行音を収録したサウンドコレクションへ

撮影・画像提供  オハネフ12-2018”山陰”様


           
夜行列車や旧型客車列車の音や資料を掲載
客車専門サイト「客車列車の旅」はこちらから
            現在や過去の夜行列車に関する資料を掲載
全盛期の時刻表データ等も掲載しています