夜行列車資料館
 
寝台特急「北斗星」
昭和63年の青函トンネル開通に伴い、東京と北海道を直通する列車として
上野−札幌間の豪華寝台特急列車として誕生。(24系25形)
当初は定期2往復+季節1往復の運転で、その後定期3往復となりましたが
平成11年に1往復が臨時列車化、平成20年には1往復のみとなりました。









1レ 上野 19:03 → 11:15 札幌
2レ 札幌 17:12 →  9:38 上野

使用車両 1〜6号車      JR北海道 札幌運転所(札サウ) 24系25形
     7〜11号車・電源車 JR東日本 尾久車両センター(東オク) 24系25形
車両構成 SA1・A2・B1・B2・B・食堂車・ロビー室
速度種別 上野−特通客C3−黒磯−特通客D9−青森信号所−特通客D6−函館
     函館−特通客C3−札幌
牽引機
 上野−EF510-500(田)−青森信号所−ED79(青函)−函館−DD51(函)重連−札幌
 (田) → JR東日本・田端運転所
 (青函)→JR北海道・函館運輸所青函派出所
 (函) → JR北海道・函館運輸所

編成

1号車
2号車
3号車
4号車
5号車
6号車
7号車
8号車

9号車

10号車
11号車
電源車
オハネフ25 オハネ25
-560
オハネ25
-560
オハネ25
-560
オハネ25
-550
スハネ25
-500
スシ24
-500
オロネ25
-500
オロハネ25
-500
オロハネ24
-550
オハネフ25 カニ24
-500
B2 B2 B2 B1 B1 食堂車 A2 SA1・B1 SA1・B2 電源車
JR北海道車両 JR東日本車両
←函館 上野・札幌→

     ※6号車にシャワー室・ミニロビー併設
     ※1号車はB寝台コンパートメント
     ※1号車は禁煙車両

個室寝台車(JR北海道車両)
スハネ25
−500
1両 ソロ
(B1)
8室 W1220〜1260mm×D1945mm
H下段2500mm 上段1400〜2000mm
側通路・内階段・ベット幅680〜700mm・シリンダ式ロック
奇数−1階・偶数−2階・BGM
ミニロビー・シャワー室
オハネ25
−550
1両 ソロ
(B1)
17室 W1220〜1260mm×D1945mm
H下段2500mm 上段1400〜2000mm
側通路・内階段・ベット幅680〜700mm・テンキー式ロック
偶数−1階・奇数−2階・BGM
オハネ25
−560
3両 デュエット
(B2)
13室 W1900mm×D1945mm×H上段1400mm 下段2500mm
側通路・テンキー式ロック・ベット幅680〜700mm・BGM
奇数−1階・偶数−2階


個室寝台車(JR東日本車両)

オロハネ24
−550

1両 ロイヤル
(SA1)
2室 W2470〜2930mm×D1900〜1945mm×H2300mm
側通路・車体中央・ベット幅800mm
2名利用可(エキストラベット使用・幅1400mm)
カード式ロック・シャワー・洗面台・トイレ・AVモニター
デュエット
(B2)
7室 W1900mm×D1945mm×H上段1400mm 下段2500mm
側通路・カード式ロック・ベット幅680〜700mm・BGM
奇数−1階・偶数−2階

オロハネ25
−500

1両 ロイヤル
(SA1)
2室 W2470〜2930mm×D1900〜1945mm×H2300mm
側通路・車端部・ベット幅800mm
2名利用可(エキストラベット使用・幅1400mm)
カード式ロック・シャワー・洗面台・トイレ・AVモニター
ソロ
(B1)
12室 W1200mm×1945Dmm×H上段1440mm 下段1550mm
側通路・外階段・カード式ロック・BGM
奇数−1階・偶数−2階
オロネ25
−500
1両 ツインDX
(A2)
8室 W1920mm×D1945mm×H2300mm
側通路・カード式ロック・AVモニター
上下2段ベット

歴史

昭和63年 3月13日 青函トンネル開通に伴い上野〜札幌の直通豪華寝台特急列車として運転開始
3往復(うち1往復は季節列車・モノクラス編成)・(1・2号のみ青森駅停車)
昭和63年 7月22日 季節列車(3・4号)にも個室寝台車・食堂車を連結
平成 元年 3月11日 季節列車(3・4号)を定期化
全列車を青森駅経由に変更
平成 3年 3月16日 上野駅の騒音問題により編成の方向転換(電源車が上野側からから青森側に)
平成 6年12月 3日 1往復(3・4号)が再び季節列車化
平成 9年 3月22日 1往復(1・2号)がすべて個室寝台に
平成11年 7月16日 季節列車(3・4号)が臨時列車化(81・82号へ)
平成18年 3月18日 青森駅スルー運転化・編成の方向転換(電源車が函館側からから上野側に)
平成20年 3月15日 1往復削減にて1往復化
平成22年 7月14日 14日発下り列車から牽引機がEF81からEF510−500番台に変更

EF81牽引時代



           
夜行列車や旧型客車列車の音や資料を掲載
客車専門サイト「客車列車の旅」はこちらから
            現在や過去の夜行列車に関する資料を掲載
全盛期の時刻表データ等も掲載しています